結果発表

選考委員
川柳/東 直子(歌人・作家)

賞品は11月頃より発送いたします。

最優秀賞
カタログギフト5万円分(1名)

作者名:老人28号 様

作品
寝たきりになるんじゃないぞ(ひ)孫が来る
都道府県
石川県
選評
コロナが無事に終息すれば、孫もひ孫も会いにきてくれる。もう一度楽しい時間を過ごせるように、会えない間に寝たきりにはならないように配偶者に呼びかけ、自分にも言い聞かせているのでしょう。勢いのある文体が精神的な喝としてエネルギーをくれるようで、しゃきっとなる一句です。

優秀賞
カタログギフト1万円分(3名)※作者名50音順

作者名
江原 明 様
作品
野良猫も我が家にくればお姫様
都道府県
茨城県
選評
野良猫を保護して、家に迎え入れ、家族全員で大切に世話をしている様子が伝わります。特に感謝の弁を述べるでもなく、猫らしくすました顔で遠慮なくそのケアを受けている猫の様子も「お姫さま」の語で如実に伝わります。猫の擬人化が自然で、やわらかなユーモアが感じられる楽しい作品です。
作者名
さくゆう子 様
作品
園児らの声の彼方に飛行機雲
都道府県
福井県
選評
声を上げて楽しそうに遊ぶ園児と飛行機とその飛行機雲。当たり前の情景だと思っていたものが、コロナ禍によって、飛行機での遠出は難しくなり、園児らの無邪気な遊びもあやぶまれることとなりました。園児らの声が響き、飛行機雲がのびていくことが希望の象徴になる、という発見です。
作者名
やすみこ 様
作品
葉桜のこの道曲れば子が待てり
都道府県
茨城県
選評
淡々とした描写の中に、子どもの住む家を訪ねていくときのしずかな喜びが伝わります。葉桜は、成長した子どものみずみずしい生命力と重なり、叙情的な広がりを与えてくれます。曲がり角の向こうで待っている子どもの表情も見えてくるようです。姿が見えないうちから心を寄せ合っているのでしょう。

佳作
カタログギフト5千円分(5名)※作者名50音順

       
  
作品
夢に見るマスク外した顔と顔
都道府県
栃木県
選評
一九六四年のオリンピックの「東京五輪音頭」の歌詞にある「顔と顔」というフレーズをもじり、ウィットに富んだ一句となっています。
 
       
  
作品
なおったぜ注射ぎらいもワクチンで
都道府県
大阪府
選評
さすがにこの状況では注射は嫌い、などと言っていられません。「〜ぜ」という、いきっているような口調が効果的です。
 
       
  
作品
もう来るな笑みのナースとハイタッチ
都道府県
千葉県
選評
「来るな」というセリフが、よいこととして気持ちよく響き、ハイタッチにナースの明るい心遣いが感じられます。
 
       
  
作品
ひ孫だく力残して初詣
都道府県
埼玉県
選評
寿命が伸び、ひ孫に会える人も多くなってきましたが、しっかりと抱くことができるかどうかはその人の体力次第。リアリティがあります。
 
       
  
作品
命の戸叩くセカンドオピニオン
都道府県
埼玉県
選評
セカンドオピニオンを頼むのは、勇気のいることでしょう。しかし、命に関わることなのです。「叩く」という語に気持ちがこもっています。
 

特別賞
カタログギフト2万円分(2名)※作者名50音順

       
  
作品
マスク顔若く見られて自信湧く
都道府県
東京都
選評
日常にすっかり定着したマスク。鬱陶しいものとして捉えられがちですが、前向きになれる利点を見出して、よきものに変化しました。「若く」「湧く」と、似た音が繰り返されることで、内容に似合う楽しいリズムが生まれました。
 
       
  
作品
逢えずとも同じ大空声ひびく
都道府県
群馬県
選評
コロナ禍で会いたい人になかなか会えない状況が続いていますが、地球上のどこに住んでいても、大空では繋がっています。大空に向かって叫べば、声を届け合うことができるというイメージが、実におおらかで気持ちがよいです。
 

ありがとう賞
クオカード(100名)

ご応募いただいた中から抽選で
100名様にクオカード1,000円分をプレゼント

※当選結果はクオカードの発送をもってかえさせていただきます。