自賠責共済
(自動車損害賠償責任共済)

契約引受団体:全労済

“自賠責共済”は、法律により被害者救済のために、すべての車(原付・バイクも含みます)に加入が義務づけられている制度です。

補償内容

被害者救済の考えから、人身事故の対人賠償に限られます。
対物保障やドライバー本人のケガ、車両の損害は自賠責の補償の対象にはなりません。
補償額は程度によって異なりますが、支払限度額は被害者1名につき、以下の通りです。

損害の種類 損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文章料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障がいを残して介護が必要な場合
常時介護のとき:最高4,000万円
随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障がいの程度により
第1級:最高3,000万円~
第14級:最高75万円
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 (傷害による損害の場合と同じ) 最高120万円